新島八重おんなの戦い

福本武久 著

新島八重(山本八重)。会津藩士の娘として生まれ、戊辰戦争では新政府軍と篭城戦を戦った八重は、京都で同志社の創立者・新島襄と出会い、結婚。日清・日露戦争では篤志看護婦に志願するなど、近代的な女性像を打ち立てていった。『会津おんな戦記』『新島襄とその妻』で早くから八重を紹介してきた著者が、その素顔に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 砲術師範の娘に生まれる
  • 第2章 最初の結婚
  • 第3章 会津戦争、悲劇のはじまり
  • 第4章 会津戦争と女こども
  • 第5章 八重の篭城戦
  • 第6章 開城
  • 第7章 会津から京都へ
  • 第8章 密航青年・新島襄と結婚
  • 第9章 洋装・洋髪のモダンレディー
  • 第10章 夫婦であり、同志でもある
  • 第11章 ボランティア活動のパイオニア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新島八重おんなの戦い
著作者等 福本 武久
書名ヨミ ニイジマ ヤエ オンナ ノ タタカイ
シリーズ名 角川oneテーマ21 B-159
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.8
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-110306-7
NCID BB09943252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想