子どもの読み及び教材の分析とヴィゴツキー理論 : 子どもの発話と教材、教師が行う二つの分析課題に迫る : 教育実践とヴィゴツキー理論 2

麻実ゆう子 著

ヴィゴツキー理論に対応した授業展開と文学作品の教材分析における教授活動。『じどう車くらべ』『ごんぎつね』『やまなし』『モチモチの木』『大造じいさんとガン』を話し合いの中で読みを深め、教授=学習過程や概念、発話と内言の発達を考察します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子どもの「書きことば」(読み)の発達(一年 説明文『じどう車くらべ』の学習
  • 四年 物語文『ごんぎつね』の学習 ほか)
  • 第2章 ヴィゴツキーによる「子どもの書きことばの発達」の解明の意義(「字でおしえている」(事例1)の示唆することをヴィゴツキー理論からとらえる
  • 説明文を読んで、日常生活での経験を話すが、説明文には戻らない子どもの発話(事例1)をヴィゴツキーの理論からとらえる ほか)
  • 第3章 教材分析と授業展開の関係(三年『モチモチの木』の学習
  • 小学校五年『大造じいさんとガン』の学習)
  • 第4章 教材分析とヴィゴツキー理論(書くこと、読むことをヴィゴツキーはどのように理論展開しているか
  • 読むということの現実的理論的状況 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの読み及び教材の分析とヴィゴツキー理論 : 子どもの発話と教材、教師が行う二つの分析課題に迫る : 教育実践とヴィゴツキー理論 2
著作者等 麻実 ゆう子
書名ヨミ コドモ ノ ヨミ オヨビ キョウザイ ノ ブンセキ ト ヴィゴツキー リロン : コドモ ノ ハツワ ト キョウザイ キョウシ ガ オコナウ フタツ ノ ブンセキ カダイ ニ セマル : キョウイク ジッセン ト ヴィゴツキー リロン
書名別名 Kodomo no yomi oyobi kyozai no bunseki to vigotsuki riron
出版元 一光社
刊行年月 2012.8
ページ数 270p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7528-1950-9
NCID BB10080947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想