ものづくり大国の黄昏 : 巨大市場を目前に急失速する電池産業

逢坂哲彌 監修 ; 森康郎, 内海和明, 山下勝己, 仲森智博 著

半導体、液晶パネルに続き、世界をリードしてきた2次電池の凋落が始まった。これを食い止める唯一の解とは?電池が握るEVの未来、日本の未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「足りない」時代の到来(世界人口の4割を占める中国とインド
  • 人口増加による歪みが世界を襲う ほか)
  • 第2章 救世主としての2次電池(ハイブリッド車の効果は限定的
  • 意外にも簡単に作れる電気自動車 ほか)
  • 第3章 電池大国ニッポンの栄光(液晶パネルが歩んだ転落の歴史
  • 日本生まれのLiイオン2次電池 ほか)
  • 第4章 台頭するアジア勢の実力(躍進する韓国メーカー
  • 圧倒的な投資戦略 ほか)
  • 第5章 逆襲のシナリオ(スケールメリットのデメリット
  • 同じ轍を踏まないために ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ものづくり大国の黄昏 : 巨大市場を目前に急失速する電池産業
著作者等 仲森 智博
内海 和明
山下 勝己
森 康郎
逢坂 哲弥
書名ヨミ モノズクリ タイコク ノ タソガレ : キョダイ シジョウ オ モクゼン ニ キュウシッソク スル デンチ サンギョウ
出版元 日経BPコンサルティング
日経BPマーケティング
刊行年月 2012.8
ページ数 118p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86443-008-1
NCID BB10050684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想