なぜ気がつくと知らないうちに1日が終わってしまうのか

松原秀樹 著

仕事や家事、種々のお付き合いなど終始していると、日々あっという間に時間が過ぎ、ともすると自分が「やりたいこと」を見失ってしまう。まずは自分が「本当にやりたいこと」を明確に意識すること。そして「やらなければならないこと」に費やす時間を効率化し、「やりたいこと」をする時間を作り出すことが重要だ。仕事、プライベートの各場面で至るところに存在する「時間泥棒」を撃退し、時間のコントロールを可能な限り自分の手に取り戻す工夫や手法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ気がつくと知らないうちに1日が終わっているのか?(自分が死ぬ時に後悔しないように
  • 人生の優先順位を決め、それを徹底する ほか)
  • 第2章 職場ですぐに使える!タイムマネジメント術(優先順位に基づいた、メリハリのある1日を過ごす
  • メール・電話を効率的にする ほか)
  • 第3章 プライベートですぐに使える!タイムマネジメント術(休日にこそ、タイムマネジメントは必要だ!
  • 平日の退社後の時間を有効に活用し、能率的な明日につなげる ほか)
  • 第4章 タイムマネジメントの勘所(他人の目を気にし過ぎない
  • ゴール・目的・目標を設定する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ気がつくと知らないうちに1日が終わってしまうのか
著作者等 松原 秀樹
書名ヨミ ナゼ キ ガ ツクト シラナイ ウチ ニ イチニチ ガ オワッテ シマウ ノカ
書名別名 Naze ki ga tsukuto shiranai uchi ni ichinichi ga owatte shimau noka
シリーズ名 働く・仕事を考えるシリーズ 007
出版元 労働調査会
刊行年月 2012.7
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86319-280-5
全国書誌番号
22204723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想