古事記22の謎の収集

瀧音能之 著

『古事記』の基本をおさえながら、この現存する日本最古の歴史書をめぐって繰り広げられてきた様々な論争や、いまだ解けない謎を解き明かす。『古事記』の新たな魅力を発見できる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『古事記』が編纂された目的はどこにあったのか
  • 『古事記』と『日本書紀』『風土記』の関係とは?
  • いまだに根強い『古事記』偽書説の読み解き方
  • どうして三巻でなければならなかったのか
  • なぜ最初に現れる神が『日本書紀』と違っているのか
  • イザナキとイザナミの「国生み神話」が持つ意味とは?
  • 死者の国である「黄泉国」が二つあるのはどうしてか
  • スサノオとヤマトタケルにみる古代人の「正義」の謎
  • スサノオが退治したヤマタノオロチの正体とは?
  • 多くの顔を持つ神オオクニヌシの実像〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記22の謎の収集
著作者等 滝音 能之
瀧音 能之
書名ヨミ コジキ ニジュウニ ノ ナゾ ノ シュウシュウ
書名別名 Kojiki nijuni no nazo no shushu
シリーズ名 古事記 た-23
青春文庫 た-23
出版元 青春出版社
刊行年月 2012.8
ページ数 188p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-413-09550-1
NCID BB10698032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想