深山木薬店説話集

高里椎奈 著

美形の妖怪三人組が営む「深山木薬店」。彼らが織りなす「薬屋探偵妖綺談」シリーズの番外編。シリーズの前史となる、リベザルが秋や座木と知り合ったときの話、秋と零一の出会い。そして、シリーズの最終巻で、秋が旅立った後の、座木とリベザルの選択まで。次なるシリーズ「怪奇譚」の序章ともなる、必読の短編集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深山木薬店説話集
著作者等 高里 椎奈
書名ヨミ フカヤマギ クスリテン セツワシュウ
シリーズ名 講談社文庫 た95-21
薬屋探偵妖綺談 た95-21
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 381p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277337-9
NCID BB10048004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想