天佑、我にあり : 天海譚戦川中島異聞  上

海道龍一朗 著

最強騎馬軍団を誇る武田信玄と無敗の四天王を率いる上杉謙信。たまさか同時代に生きた史上稀に見る二人の偉大な武将は、狭隘地川中島で死闘を繰り広げた。ほとんど互角の戦いの勝者を知るのは天のみ。それぞれが知の限りに敵を読み、自軍をどう配したのかという大胆な解釈で戦国最大の合戦を活写する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天佑、我にあり : 天海譚戦川中島異聞
著作者等 海道 竜一朗
海道 龍一朗
書名ヨミ テンユウ ワレ ニ アリ : テンカイガタリ イクサ カワナカジマ イブン
書名別名 Ten'yu ware ni ari
シリーズ名 講談社文庫 か119-2
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 392p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277331-7
NCID BB10031409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想