アメリゴ=ヴェスプッチ

篠原愛人 著

コロンブスはアメリカの発見者ではない。到達先には何千万もの先住民がすでにいた。それに四度も大西洋を往復した彼はそこがアジアだと、死ぬまで信じていた。そこは島か、大陸か。その陸地の性質をめぐりさまざまな解釈が生まれたが、アメリゴ=ヴェスプッチの『新世界』と『四度の航海』が一石を投じる。一六世紀初頭に出版されるや、どちらもたちまちベストセラーとなり、彼にちなんで新大陸をアメリカと命名した者まで現れた。フィレンツェ生まれのアメリゴ=ヴェスプッチは初代のスペイン主席航海士となったが、その死後、発見者の名誉をコロンブスから奪おうとしたと非難される。一八世紀に彼の私的な書簡が発見されると、先の二著がアメリゴの作なのか論争が起こった。誰が、何の目的で『新世界』を書いたのか。そもそもアメリゴは本当に航海したのか。したのなら、どこまで探検し、そこをどのように解釈したのか。知名度のわりに知られていない、謎に満ちたアメリゴ=ヴェスプッチの実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フィレンツェでの日々-メディチ家の陰で
  • 2 セビーリャへ-ベラルディ、コロンとの出会い
  • 3 自ら、海へ-第一回航海は行われたのか
  • 4 一四九九〜一五〇〇年-オヘーダ隊での航海
  • 5 ポルトガル王旗のもとで-第三回航海、そして
  • 6 再び、セビーリャへ-香料諸島をめざして
  • 7 公刊書簡と「アメリカ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリゴ=ヴェスプッチ
著作者等 篠原 愛人
書名ヨミ アメリゴ ヴェスプッチ
シリーズ名 人と思想 192
Century Books 192
出版元 清水書院
刊行年月 2012.8
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-41192-3
NCID BB09946476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22202882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想