「カルト宗教」取材したらこうだった

藤倉善郎 著

「ライフスペース」によるミイラ事件、「ホームオブハート」での児童虐待事件、「神世界」グループによる霊感商法事件-オウム事件以降もカルト宗教によるトラブルは、数多く起きている。ライフスペースの記事を書き、「グル」からクレームを受けた著者は、それ以来14年間にわたりカルト問題を取材し続けてきた。セックス教団の5泊6日の合宿に参加、宗教団体が主催する偽装就職セミナーへ潜入取材、教祖様の実家探訪…。まったく関係ない人間から見れば、奇妙奇天烈としか言いようがない彼らの実態とは何なのか。体当たりで取材を挑み続けた著者が綴る、カルト集団との交流(笑)&暗闘記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 香ばしきカルトとの出会い(GURUからのメール
  • ライフスペースからの小包 ほか)
  • 第2章 取材したらこうだった(セックス教団潜入
  • キチガイの学校へようこそ! ほか)
  • 第3章 カルト宗教との裏バトル(サイババをパクった健康セミナー
  • 全国での同時多発訴訟を予告 ほか)
  • 第4章 カルトと報道(マスコミのカルト問題報道
  • 朝日新聞のファインプレー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「カルト宗教」取材したらこうだった
著作者等 藤倉 善郎
書名ヨミ カルト シュウキョウ シュザイ シタラ コウ ダッタ
シリーズ名 宝島社新書 349
出版元 宝島社
刊行年月 2012.8
ページ数 282p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7966-9722-4
NCID BB10055451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想