東京で地熱発電 : 地熱資源大国ニッポン

清水政彦 著

日本には地熱があるじゃないか-国土の大部分が火山帯である日本は、同時に世界トップクラスの地熱大国であり、地熱は間違いなく自然エネルギーのエースである。火力発電と違って輸入燃料が要らず、原発のような大事故を起こす心配もない。水力とくらべても、ダム建設で地形を変える必要がない。太陽光や風力と違い天候に左右されずに安定した電力を供給できる…。これまで日本のエネルギー政策から除外されてきた「地熱発電」に光をあて、地熱大国ニッポンの可能性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 福島原発事故と原発のコスト
  • 第2章 日本の電源をどうするか?
  • 第3章 代替エネルギーの実力
  • 第4章 復興事業としての地熱開発
  • 第5章 地熱発電の基礎知識
  • 第6章 これでも地熱は駄目ですか?
  • 第7章 世界と日本の地熱開発
  • 第8章 無尽蔵の地熱資源を活用する
  • 第9章 東京で「地熱開発」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京で地熱発電 : 地熱資源大国ニッポン
著作者等 清水 政彦
書名ヨミ トウキョウ デ チネツ ハツデン : チネツ シゲン タイコク ニッポン
書名別名 Tokyo de chinetsu hatsuden
出版元 並木書房
刊行年月 2012.8
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89063-292-3
NCID BB10147866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想