地球温暖化バッシング : 懐疑論を焚きつける正体

レイモンド・S・ブラッドレー 著 ; 藤倉良, 桂井太郎 訳

地球温暖化対策に消極的な米国では、石油資本に支援された政治家たちが暗躍している。彼らからいわれのない個人攻撃を受けてきた気候科学者が、その実態を赤裸々に語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 公聴会-善と悪と醜悪
  • 第2章 議会からの文書
  • 第3章 ホッケースティック論争
  • 第4章 IPCCとノーベル賞
  • 第5章 地球温暖化の基礎
  • 第6章 将来の気候-私たちはどこに向かっているのか?
  • 第7章 疑惑の商人-科学の抑圧と人格攻撃

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球温暖化バッシング : 懐疑論を焚きつける正体
著作者等 Bradley, Raymond S.
桂井 太郎
藤倉 良
ブラッドレー レイモンド・S.
書名ヨミ チキュウ オンダンカ バッシング : カイギロン オ タキツケル ショウタイ
書名別名 Global Warming and Political Intimidation

Chikyu ondanka basshingu
出版元 化学同人
刊行年月 2012.8
ページ数 217,13p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7598-1522-1
NCID BB1007260X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想