われに明治の父ありき : 戦地の息子と内地の父を結んだ229通の手紙

邑井操 著 ; 川村真二 編

「偉くなれ」とか「出世しろ」など、一度も言ったことがなかった父。「男はケンカに負けちゃいかん。だけどもやっつけ放しにしておいてもいかん」と言った父。5歳の息子を連れて吉原から朝帰りした父。選挙ほどおもしろいものはないと、応援に走り回った父。-反骨精神と、人を呑む気性をもった父親の生き方と、その父に知らず知らずに大きな影響を受けてきた自らの姿を通して、親子の絆とは何かを問うた長編エッセイ。日中戦争中の1年余に父子が交わした229通の書簡の抜粋を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 豪傑親父と臆病息子
  • 親父逮捕される
  • 親父の酒
  • 親父が教えてくれた二つのこと
  • 親父の躾教育
  • 親父の読書熱
  • 親父のかくし芸
  • 親父の侠気
  • 召集令状と両親
  • ぼくは生私奉公
  • 乳と息子の二百二十九通の手紙
  • 親父との最後の四日間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 われに明治の父ありき : 戦地の息子と内地の父を結んだ229通の手紙
著作者等 川村 真二
邑井 操
書名ヨミ ワレ ニ メイジ ノ チチ アリキ : センチ ノ ムスコ ト ナイチ ノ チチ オ ムスンダ ニヒャクニジュウキュウツウ ノ テガミ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.8
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-16842-1
NCID BB10566202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想