公教育の無償性を実現する : 教育財政法の再構築

世取山洋介, 福祉国家構想研究会 編

親が教育費を払うのは当然?その常識を覆す。日本では、なぜ公教育の無償性が実現されないままなのか?その歪んだ構造を初めて歴史的に解き明かし、子どもの教育人権を保障する制度の骨格と財政量を提示。教育財政法の新たな地平を拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教育という現場給付
  • 第1部 教育条件整備基準の確立(教育条件整備基準立法なき教育財政移転法判-成立、展開、そして、縮小と再編
  • 現代における教育条件整備基準解体の枠組みと手法-一九八〇年代半ばから現在)
  • 第2部 教育条件整備基準の内容と問題(学校設置基準と学校統廃合の教育財政学的検討
  • 学級定員基準とその仕組み
  • 教員給与の法的仕組みと問題
  • 教材整備に関する基準の展開と問題点)
  • 第3部 公教育の無償性(子どもの貧困と学校浦育
  • 教育における公費・私費概念-その日本的特質
  • 学修費における私費負担の現状
  • 私費負担軽減運動の歴史と到達点-教育財政の民主主義的・教育専門的統制
  • 公教育の無償性と憲法)
  • 公教育の無償性を実現する新しい法制の骨格

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公教育の無償性を実現する : 教育財政法の再構築
著作者等 世取山 洋介
福祉国家構想研究会
書名ヨミ コウキョウイク ノ ムショウセイ オ ジツゲン スル : キョウイク ザイセイホウ ノ サイコウチク
シリーズ名 シリーズ新福祉国家構想 2
出版元 大月書店
刊行年月 2012.8
ページ数 495p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-272-36072-7
NCID BB10028619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想