医学概論

川喜田愛郎 著

病気は単なる身体的異変ではなく、苦しみや悩み、死への不安などと不可分であり、医者と患者のあいだには心理的・倫理的な関係が不可欠である。現代の医療現場でしばしば見過ごされがちな"病人の存在"を見据えつつ、医学の歴史、ヒトの体や病気のしくみを学び、病気とは何か、医学とは何かを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代医学の歴史的座標(医学はどのようにしてはじまったか
  • 西欧医学における近代の曙光
  • 近代医学の発展
  • 現代医学の形成と日本の医学)
  • 第2部 医学の基礎としてのヒトの生物学(医学と生物学
  • ヒトの生物学)
  • 第3部 医学と医療(その1)-病気の理法(病気の生物学
  • 人の心と病気および心の病気)
  • 第4部 医学と医療(その2)-医療、健康(診断と治療
  • 病人への対応
  • 健康の諸問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学概論
著作者等 川喜田 愛郎
書名ヨミ イガク ガイロン
シリーズ名 Math & Science カ32-1
ちくま学芸文庫 カ32-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.8
ページ数 505p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09461-2
NCID BB09947821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想