ワーグナー論

アラン・バディウ 著 ; 長原豊 訳

ニーチェ、アドルノ、ラクー=ラバルトなど多くの思想家を魅了し続ける巨人ワーグナー。そのイデオロギー的枠組みを整理し、現代哲学の軌跡をも大胆にたどるワーグナー熱愛者による壮大で挑発的な講義録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 現代哲学とワーグナー問題-フィリップ・ラクー=ラバルトの立場
  • 第2講 アドルノの否定弁証法
  • 第3講 哲学的問題としてのワーグナー
  • 第4講 「ワーグナー問題」の再開
  • 第5講 "パルジファル"の謎
  • 附論 ワーグナー、反ユダヤ主義、「ドイツ観念論」-後書き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワーグナー論
著作者等 Badiou, Alain
Žižek, Slavoj
長原 豊
バディウ アラン
書名ヨミ ワーグナー ロン
書名別名 FIVE LESSONS ON WAGNER
出版元 青土社
刊行年月 2012.8
ページ数 377,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6664-2
NCID BB10020537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想