鉄道は生き残れるか : 「鉄道復権」の幻想

福井義高 著

整備新幹線はもういらない。リニア新幹線は作るだけムダ。青函トンネルは閉鎖がベスト。鉄道貨物は日本には必要ない。元・国鉄マンの著者が明かす鉄道事業のリアルな将来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「衰退産業」鉄道が生き残るには
  • 2 国鉄崩壊と鉄道再生
  • 3 断行された分割民営化とその成果
  • 4 鉄道「勝ち組」はこれからも安泰か
  • 5 国鉄改革成功物語を超えて-3島会社、ローカル線と貨物
  • 6 新幹線はもういらない
  • 7 かつての「陸の王者」鉄道に静かな余生を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄道は生き残れるか : 「鉄道復権」の幻想
著作者等 福井 義高
書名ヨミ テツドウ ワ イキノコレルカ : テツドウ フッケン ノ ゲンソウ
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.8
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-502-69940-5
NCID BB10253943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想