3.9G/LTE携帯電話の徹底研究 : 高速化、低遅延、周波数利用効率改善を実現する技術と測定

RFワールド編集部【編】

特設記事としてマイクロ波製鉄の基礎知識と技術開発動向を掲載。折り込み付録・無線と高周波の国内周波数チャート2012年版付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 3.9G/LTD携帯電話の徹底研究-高速化、低遅延、周波数利用効率改善を実現する技術と測定(2Gから3G、3.5Gを経てLTEへと至る技術開発の道程-3.9G携帯電話への道
  • ディジタル変復調、多元アクセス、フレーム構成と通信チャネルなど-変調/アクセス方式と通信技術
  • フェージング・モデル、フェージングの対策法、MIMOシステムなど-フェージング対策とMIMO技術
  • 測定の概要と使用する計測機器、送信試験、受信試験-LTE基地局の測定
  • 測定器に求められる要件、測定原理、エリアテスタによる実測例など-LTE基地局のエリア評価
  • コンフォーマンス試験、サービス・アプリケーション試験、通信事業者受入試験など-LTE端末の測定/評価/試験
  • LTE‐Advancedのパフォーマンス/主要技術/実現の課題など-3.9Gを越えて-LTE‐Advancedへ
  • 19世紀から現代につづく計測メーカ-情報通信社会の発展とともに-アンリツ株式会社のプロフィール)
  • 特設記事
  • 技術解説
  • 製作&実験
  • 特別読物
  • 歴史読物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3.9G/LTE携帯電話の徹底研究 : 高速化、低遅延、周波数利用効率改善を実現する技術と測定
著作者等 トランジスタ技術編集部
RFワールド編集部
書名ヨミ サンテンキュウジーエルティーイーケイタイデンワノテッテイケンキュウ : コウソクカテイチエンシュウハスウリヨウコウリツカイゼンヲジツゲンスルギジュツトソクテイ
シリーズ名 RFワールド No.17
出版元 CQ出版
刊行年月 2012.2.1
ページ数 143p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7898-4884-8
NCID BB11670800
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想