みすゞと海と

金子みすゞ 詩 ; 尾崎眞吾 画 ; 矢崎節夫 監修

不世出の童謡詩人、金子みすゞ。その彼女の世界を描きつづける画家、尾崎眞吾。二人の海への想いがひとつになる。海はみんなの心のふるさと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いのちの海(おさかな
  • 海のこども
  • 海とかもめ
  • 海の鳥
  • お家のないお魚
  • 波の子守唄
  • 月日貝
  • さざえのお家
  • 大漁
  • 鯨法会
  • 鯨捕り
  • 海へ
  • 画家のことば)
  • 2 メルヘンの浜辺(紋附き
  • 不思議な港
  • 海の人形
  • 砂の王国
  • 金米糖の夢
  • 海を歩く母さま
  • 大きなお風呂
  • ひろいお空
  • キネマの街
  • 人なし島
  • 青い空
  • 舟乗と星
  • 冬の雨
  • 蓄音器
  • 七夕のころ
  • 画家のことば)
  • 3 海はふるさと(舟の唄
  • 去年
  • あらしの夜
  • 舟のお家
  • 瀬戸の雨
  • 弁天島
  • 小松原
  • 波の橋立
  • 大泊港
  • 花津浦
  • 魚売りの小母さんに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みすゞと海と
著作者等 尾崎 真吾
矢崎 節夫
金子 みすゞ
尾崎 眞吾
書名ヨミ ミスズ ト ウミ ト
書名別名 Misuzu to umi to
出版元 二玄社
刊行年月 2012.8
ページ数 125p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-544-20027-0
NCID BB10345757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想