死体は見世物か : 「人体の不思議展」をめぐって

末永恵子 著

遺体の尊厳に対して私たちはどう臨むべきか。倫理的諸問題を明らかにし、学界、自治体、マスコミの責任を追及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 死体の処遇を考える
  • 第1章 世界初のプラスティネーション人体標本の一般公開
  • 第2章 「人体の不思議展」はなぜ問題なのか
  • 第3章 「人体の不思議展」を支えた構造
  • 第4章 諸外国における人体展示-規制と反対運動を中心に
  • 第5章 死体利用の歴史-収集と展示および解剖学実習を中心に
  • 終章 死体の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死体は見世物か : 「人体の不思議展」をめぐって
著作者等 末永 恵子
書名ヨミ シタイ ワ ミセモノ カ : ジンタイ ノ フシギテン オ メグッテ
書名別名 Shitai wa misemono ka
出版元 大月書店
刊行年月 2012.8
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-272-33077-5
NCID BB09947402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想