新説太平洋戦争引き分け論

野尻忠邑 著

日米海戦の勝敗を分けたものとは-大東亜戦争を南方で戦った著者が痛惜の思いをこめて活写した独創的戦争論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 資源危機と日本の国策転換
  • 第2章 新連合艦隊の編成
  • 第3章 大戦突入に至る外交交渉と開戦準備
  • 第4章 米軍の西進と日本の迎撃戦略
  • 第5章 開戦の決定と開戦指導
  • 第6章 石油資源確保と南方作戦
  • 第7章 統帥組織の改革と索敵出撃の発動
  • 第8章 戦局の急転
  • 第9章 東京空襲とマーシャル諸島決戦
  • 第10章 マーシャル決戦
  • 第11章 太平洋の勝閧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新説太平洋戦争引き分け論
著作者等 野尻 忠邑
書名ヨミ シンセツ タイヘイヨウ センソウ ヒキワケロン
書名別名 Shinsetsu taiheiyo senso hikiwakeron
出版元 元就出版社
刊行年月 2012.8
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86106-214-8
NCID BB11525299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想