愚者の説法賢者のぼやき

重金敦之 著

われわれは大震災以後、何を失い、何を得たのか。名編集者の震災後の「旅する一年」を柔和にして辛辣、正統にして新鮮な視点で説いた批評と記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 頑張るとは、どういうことなのか
  • 今こそ思い出したいがむしゃらな元気
  • 井上ひさしと東北の風土
  • 芥川賞『きことわ』の評判
  • プロ野球開幕-一塁ベース上での対話
  • 相撲の八百長問題と雑誌ジャーナリズム
  • 戦友ともいうべき二人の編集者が亡くなった
  • 料理は「完成」するものなのか
  • 吉川英治賞を受賞した森村誠一さん
  • 試合後の食事を食べ終えた達成感〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愚者の説法賢者のぼやき
著作者等 重金 敦之
書名ヨミ グシャ ノ セッポウ ケンジャ ノ ボヤキ
書名別名 Gusha no seppo kenja no boyaki
出版元 左右社
刊行年月 2012.8
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903500-79-9
全国書誌番号
22141686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想