ソ連の民主主義と家族 = Soviet Democracy and the Family : 連邦家族基本法制定過程1948-1968

河本和子 著

冷戦終焉後、世界は自由民主主義にすきまなく覆われようとしている。だが、他方でデモクラシーは停滞期を迎えてもいる。社会民主主義国家の実現という巨大な実験に挑んだ旧ソ連。いま私たちは、その限界から何を学ぶべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 家族と家族法を取り巻く状況
  • 立法過程
  • 論争点とその背景
  • ソヴェト民主主義の下での政策形成・決定過程
  • 結語
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連の民主主義と家族 = Soviet Democracy and the Family : 連邦家族基本法制定過程1948-1968
著作者等 河本 和子
書名ヨミ ソレン ノ ミンシュ シュギ ト カゾク : レンポウ カゾク キホンホウ セイテイ カテイ センキュウヒャクヨンジュウハチ センキュウヒャクロクジュウハチ
書名別名 Soviet Democracy and the Family

Soren no minshu shugi to kazoku
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2012.8
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8420-5018-8
NCID BB09872212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想