日本における近代農学の成立と伝統農法 : 老農船津伝次平の研究

内田和義 著

[目次]

  • 序章 船津伝次平の生涯と本書の課題
  • 第1章 船津伝次平の自然観と「率性」論
  • 第2章 船津伝次平と『稲作小言』
  • 第3章 船津伝次平の稲作論
  • 第4章 船津伝次平と駒場農学校
  • 第5章 船津伝次平と農学者
  • 第6章 船津伝次平と西洋農学
  • 第7章 船津伝次平と伝統農学
  • 第8章 船津伝次平と漢籍
  • 終章 まとめにかえて-船津伝次平と林遠里

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本における近代農学の成立と伝統農法 : 老農船津伝次平の研究
著作者等 内田 和義
書名ヨミ ニホン ニ オケル キンダイ ノウガク ノ セイリツ ト デントウ ノウホウ : ロウノウ フナツ デンジベイ ノ ケンキュウ
書名別名 Nihon ni okeru kindai nogaku no seiritsu to dento noho
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2012.8
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-540-12126-5
NCID BB10008462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想