万葉集からみる「世界」

井上さやか 著

人々の恋愛観・天皇の日常・大都市の様相…など、万葉集には遠い時代のきらきらしい「世界」が詰まっている。歌一首一首を愉しみ、その文化に憧憬し、さらには現代を写す鏡のような事象を見いだしながら、万葉集から広がる多様な世界の切り口と垣間見の仕方をご案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 万葉歌の愉しみ(色をどう表現するか
  • 恋に死ぬ
  • 仙人の持ち物 ほか)
  • 第2部 古代への憧憬(平城遷都一三〇〇年
  • 香具山の風景
  • 古代のメトロポリス ほか)
  • 第3部 現代を写す鏡(一三〇〇年前の人々の心
  • 古代のコスモポリタン
  • 万葉の磐余-"心の系譜"で読み解く ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉集からみる「世界」
著作者等 井上 さやか
書名ヨミ マンヨウシュウ カラ ミル セカイ
書名別名 Man'yoshu kara miru sekai
シリーズ名 万葉集 59
新典社新書 59
出版元 新典社
刊行年月 2012.7
ページ数 158p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6159-4
NCID BB09949113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想