十津川警部赤と青の幻想 : 長編推理小説

西村京太郎 著

人気写真家の君原文明と、ベテラン女優の真木昭子が相次いで殺された。どちらの現場にも、なぜか赤いサクランボの実をつけた枝が残されていた。十津川警部は、二人が山形で一緒に仕事をしていた事実を掴む。さらに起こる第三の殺人-。事件の背後に暗躍する、青い目を持つミステリアスな美青年の正体とは?幾重にも錯綜する事件に、十津川の名推理が迫る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十津川警部赤と青の幻想 : 長編推理小説
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ トツガワ ケイブ アカ ト アオ ノ ゲンソウ : チョウヘン スイリ ショウセツ
書名別名 Totsugawa keibu aka to ao no genso
シリーズ名 光文社文庫 に1-132
出版元 光文社
刊行年月 2012.8
ページ数 336p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76456-2
全国書誌番号
22139934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想