ビートルズ原論

和久井光司 著

ビートルズ、デビュー50周年!英国の片隅で生まれた若者たちは、なぜ全世界で愛されるグループになり得たのか。音楽と文化を一変させた彼らの足跡を、二〇世紀という"時代"に見つけ出す探究の書。時代を貫通して特別に愛され続ける理由を、出生から解散まで克明に追って明らかにする。これを読めばビートルズのすべてが分かる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビートルズ誕生の経緯(アイリッシュの街、リヴァプール
  • ケルト民族 ほか)
  • 第2章 デビュー前夜のビートルズがいた場所(ブライアン・エプスタイン、マネージャーに就任
  • 三度目のハンブルク ほか)
  • 第3章 時代の寵児となったビートルズ(最初期の録音
  • デビュー前後の混乱 ほか)
  • 第4章 ビートルズが起こした音楽/文化革命("世界のアイドル"の実態
  • "編集感覚"という発見 ほか)
  • 終章 解散後に持ちこされた"答え"(ビートルズ解散
  • 「エコノミー・クラスのビートルズ」の実力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビートルズ原論
著作者等 和久井 光司
書名ヨミ ビートルズ ゲンロン
シリーズ名 河出文庫 わ4-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.8
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41169-9
NCID BB09916770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想