精選女性随筆集  7

白洲 正子【著】;小池 真理子【選】

人生諸般への鋭く、かつ心ある洞察、小林秀雄、青山二郎らとの交流、能の素養を背景とした古人への追慕、これは白洲正子の入門書かつ決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 知人・友人(一つの存在
  • ある日の梅原さん
  • 『いまなぜ青山二郎なのか』
  • 小林秀雄
  • 正宗白鳥
  • 青山二郎)
  • 第2章 日常なるもの(銀座に生き銀座に死す
  • 冬のおとずれ
  • 老木の花
  • 浮気について
  • 幸福について
  • 晩年の祖父
  • 私の墓巡礼
  • ツキヨミの思想)
  • 第3章 お能(お能の見かた
  • 能面の表情
  • お能を知ること
  • 舞う心
  • お能の幽玄
  • 面について)
  • 第4章 古びぬものたち(信玄のひょうたん
  • 明恵上人のこと
  • 無言の言葉
  • 西行のゆくえ
  • 坂のある風景
  • 古寺を訪ねる心-はしがきにかえて
  • 極楽いぶかしくは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精選女性随筆集
著作者等 小池 真理子
白洲 正子
書名ヨミ セイセン ジョセイ ズイヒツシュウ
書名別名 白洲正子
巻冊次 7
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.8
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-640280-9
NCID BB09883172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想