名作がくれた勇気 : 戦後読書ブームと日本人

藤井淑禎 著

あの戦後から高度成長期、人々は何を、どう貪り読んだか?懐かしい名作をいま探訪し直し、読書の力の再生へと誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 戦後読書ブームと日本人
  • 1章 戦争/平和もの名作の同時代史
  • 2章 『女の一生』はなぜ『人形の家』に勝てたのか
  • 3章 何でも純愛ものにしてしまう時代
  • 4章 戦後も有効だった子育て法
  • 5章 『宮本武蔵』は求道文学などではなかった(!?)
  • 6章 名作たちの成績表
  • 7章 戦後最大の「国民文学」『風と共に去りぬ』
  • エピローグ 読書ブームの再現は可能か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名作がくれた勇気 : 戦後読書ブームと日本人
著作者等 藤井 淑禎
書名ヨミ メイサク ガ クレタ ユウキ : センゴ ドクショ ブーム ト ニホンジン
書名別名 Meisaku ga kureta yuki
出版元 平凡社
刊行年月 2012.8
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-582-83585-4
NCID BB09960375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想