現代日本の地域分化 : センサス等の市町村別集計に見る地域変動のダイナミックス

蓮見音彦 著

5年ごとの国勢調査等、国の統計調査を有効に活用した包括的地域研究。プライバシーの壁はじめ、オリジナルな社会調査が様々なネックに直面する中、国による統計資料を、人口規模、高齢化、産業別人口、住民所得、自治体財政等、その変化を市町村ごとにきめ細かに検証し、地域変動・格差を的確に考察。特に全区市町村にわたる「恵まれた条件にある地域」「困難な条件におかれている地域」の点数別分類は、今後の地域政策への貴重な示唆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地域変動への視角
  • 第1章 日本社会の地域的構成と変動
  • 第2章 地域変動の諸相-二つの時点の対比による検討
  • 附論1 地方自治体とその農業施策
  • 附論2 農村集落の社会組織
  • 終章 要約と展望
  • 附表 第1章9‐2における合計点に基づく市町村分類表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の地域分化 : センサス等の市町村別集計に見る地域変動のダイナミックス
著作者等 蓮見 音彦
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ チイキ ブンカ : センサス トウ ノ シチョウソンベツ シュウケイ ニ ミル チイキ ヘンドウ ノ ダイナミックス
出版元 東信堂
刊行年月 2012.7
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7989-0133-6
NCID BB09877544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想