地方競馬の戦後史 : 始まりは闇・富山を中心に

立川健治 著

家畜・馬匹・畜産能力検定・引揚同胞援護・戦災復興・進駐軍慰安・憲法発布記念…とりどりに銘打ち、津々浦々を駆けめぐる官・民あげた"合法の闇競馬"。馬場に集う農民・子ども・若い娘や女性・地元やくざ・ヨソ者で湧き上る熱狂のなかに、また盛り上げる進駐軍との間にどんな思惑と人間模様が交差したのか。1945年敗戦の秋から1946年11月20日地方競馬法施行の日まで11県を除きほぼ連日開催された1年間の実態、そしてその後の競馬の行方と競輪の登場までを明かす初の闇競馬史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 富山の闇競馬
  • 2 全国の闇競馬-競馬の復活、競馬熱
  • 3 地方競馬法の制定
  • 4 富山県馬匹組合連合会主催
  • 5 富山市と宝くじ、競馬から競輪へ
  • 6 競馬法の制定
  • 7 県営移管
  • 8 廃止、富山における競馬の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方競馬の戦後史 : 始まりは闇・富山を中心に
著作者等 立川 健治
書名ヨミ チホウ ケイバ ノ センゴシ : ハジマリ ワ ヤミ トヤマ オ チュウシン ニ
書名別名 Chiho keiba no sengoshi
シリーズ名 競馬の社会史 別巻1
出版元 世織書房
刊行年月 2012.7
ページ数 702p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-902163-62-9
NCID BB10061603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想