芥川龍之介が語る「文藝春秋」論評

大川隆法 著

売るためならば善悪の基準もなく権力者や成功者を引きずりおろす-。そんな週刊誌ジャーナリズムの実態を、芥川龍之介が憂う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 菊池寛と縁のあった芥川龍之介から話を聴く
  • 2 芥川龍之介の小説作法とは
  • 3 親友・菊池寛は、なぜ地獄に堕ちたのか
  • 4 文藝春秋の心理を分析する
  • 5 欲得ジャーナリズムの限界を語る
  • 6 芥川龍之介は、どのような魂か
  • 7 「芥川龍之介の霊言」を終えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芥川龍之介が語る「文藝春秋」論評
著作者等 大川 隆法
書名ヨミ アクタガワ リュウノスケ ガ カタル ブンゲイ シュンジュウ ロンピョウ
シリーズ名 OR BOOKS
出版元 幸福の科学
刊行年月 2012.8
ページ数 145p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86395-219-5
NCID BB13591228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想