日本書紀の虚構と史実

遠山美都男 著

現存する最古の歴史書『古事記』が、やまと言葉を重んじて国内向けに編纂されたのに対し、『日本書紀』はなぜ本格的な漢文で書かれていたのか?それは、同書の読者が先進国・中国をターゲットに記述されたからである。そこにこそ同書編纂者の歴史改竄の意図をあぶり出すポイントがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『日本書紀』の虚構性を暴く(『日本書紀』とは何か?
  • 『日本書紀』編纂の真の目的とは? ほか)
  • 第1章 聖徳太子の虚構性を暴く(推古天皇と皇位継承問題
  • 聖徳太子が遣隋使を派遣した真のねらい)
  • 蘇我氏と大化改新の虚構性を暴く(蘇我氏四代をめぐる三つの謎
  • 中大兄皇子と大化改新の黒幕 ほか)
  • 奈良時代の皇位継承を貫くもの(天智と天武-女帝誕生をめぐる一系の皇統
  • 聖武天皇と「鎮護国家」 ほか)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本書紀の虚構と史実
著作者等 遠山 美都男
書名ヨミ ニホン ショキ ノ キョコウ ト シジツ
書名別名 Nihon shoki no kyoko to shijitsu
シリーズ名 日本書紀 030
歴史新書y 030
出版元 洋泉社
刊行年月 2012.8
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86248-990-6
NCID BB10023127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想