排除社会の現場と暴対法の行方

宮崎学 編著

[目次]

  • 改定暴対法、成立へ-空洞化する国家と権力
  • 1 本当は政治家も警察幹部も「暴対法はおかしい」と思っています-亀井静香氏(衆議院議員)インタビュー
  • 2 果てしない権力との闘い-福岡県に対する国家賠償請求訴訟事件の控訴について
  • 3 暴対法改定を多角的に検証する-院内集会の報告
  • 4 暴排条例・暴対法の現場
  • 寄稿 暴排条例は「住民が望む治安」を良くするか?
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 排除社会の現場と暴対法の行方
著作者等 亀井 静香
宮崎 学
又市 征治
書名ヨミ ハイジョ シャカイ ノ ゲンバ ト ボウタイホウ ノ ユクエ
書名別名 Haijo shakai no genba to botaiho no yukue
シリーズ名 暴力団対策法 3
シリーズおかしいぞ!暴力団対策 3
出版元 同時代社
刊行年月 2012.8
ページ数 151p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88683-728-8
NCID BB10514581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想