HOUSE VISION : 新しい常識で家をつくろう

原研哉, HOUSE VISION実行委員会 編著

[目次]

  • 第1章 日本の家が変わっていく
  • 第2章 「家」のつくり方が変わっていく
  • 第3章 日本の産業が変化していく
  • 第4章 縮退する日本と未来ヴィジョン
  • 第5章 エネルギーと都市、そして家
  • 第6章 なぜ人は「コミュニティ」というのか
  • 第7章 新しい常識で家をつくろう
  • 第8章 大きなアジアの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 HOUSE VISION : 新しい常識で家をつくろう
著作者等 原 研哉
HOUSE VISION実行委員会
書名ヨミ ハウス ヴィジョン : アタラシイ ジョウシキ デ イエ オ ツクロウ
書名別名 Hausu vijon
出版元 平凡社
刊行年月 2012.7
ページ数 271p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-582-54441-1
全国書誌番号
22140516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「リノベーション特区」構想 馬場正尊
「家」は健康の土台である 小池禎
「集団的知性」をデザインする時代 諏訪光洋
これからの暮らしともののつくりかた 田中浩也
これからの窓のチカラとカタチ 水上修一, 羽鳥達也
つくり手と使い手を触発する道具のデザイン 小泉誠
なぜいま「家」と「住まい」なのか 原 研哉
エコハウスからエコタウンへ 竹内昌義
クルマとつながる家の未来 山根満
コミュニティを育てる共用空間 川合通裕
スマートコミュニティの構築 伊藤慎介
パーソナルモビリティが変える社会 大塚寛
メーカーと考えた、都市を冷やすしくみ 羽鳥達也
ユーザー主体の家づくり 内海智行
中国の都市住宅事情 安田玲美
人が集まるしくみをつくる 山崎亮
人と人の交流をはぐくむ新しい街づくり 川路武
人と家と街をパートナーロボットでつなぐ 玉置章文
住まいの「木化」を推進する 杉本貴一
余白をつくる 長谷川豪
地域ブランドが育つための土壌を耕す 古田秘馬
季節ごとに家を着替え、町を住み替える 小泉雅生
家と家族の本質が問われている 内藤廣
家は地球の一部 小林光
工業製品と住まいのネクストステップ 山中俊治
既存のものを受け入れることで開ける世界 長坂常
日本の美の新しい魅力を伝える 隈研吾
未来の家はどうつくると豊かになるか 藤本壮介
業界の常識を覆す次世代マンション構想 平生進一
泡風呂が変える住まいの未来 水野治幸
第4世代の住宅 塚本由晴
縮小する都市の未来を考える 大野秀敏
自然の気持ちよさを生かした住まい 末光弘和
街に対して「感じのよい」家づくりとは 金井政明, 原 研哉
進化し続ける日本のトイレ 橋田光明
都市づくりの鍵は「サードプレイス」 猪熊純
都市に濃密な空間を取り戻すには 藤村龍至
都市や建築も「生きている」と考えてみる 平田晃久
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想