2050年の世界

英『エコノミスト』編集部 著 ; 東江一紀, 峯村利哉 訳

一九六二年に日本の経済大国化を予測し、見事に的中させたグローバルエリート誌が、今後四〇年を大胆に予測。ビジネスに、教育に、あなたの未来に関するヒントが満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人間とその相互関係(人口の配当を受ける成長地域はここだ
  • 人間と病気の将来
  • 経済成長がもたらす女性の機会
  • ソーシャル・ネットワークの可能性
  • 言語と文化の未来)
  • 第2部 環境、信仰、政府(宗教はゆっくりと後退する
  • 地球は本当に温暖化するか
  • 弱者が強者となる戦争の未来
  • おぼつかない自由の足取り
  • 高齢化社会による国家財政の悪化をどうするか)
  • 第3部 経済とビジネス(新興市場の時代
  • グローバリゼーションとアジアの世紀
  • 貧富の格差は収斂していく
  • 現実となるシュンペーターの理論
  • バブルと景気循環のサイクル)
  • 第4部 知識と科学(次なる科学
  • 苦難を越え宇宙に進路を
  • 情報技術はどこまで進歩するか
  • 距離は死に、位置が重要になる
  • 予言はなぜ当たらないのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2050年の世界
著作者等 The Economist Newspaper Limited
エコノミスト社
峯村 利哉
東江 一紀
船橋 洋一
英『エコノミスト』編集部
書名ヨミ ニセンゴジュウネン ノ セカイ : エイ エコノミストシ ワ ヨソク スル
書名別名 Megachange

英『エコノミスト』誌は予測する

Nisengojunen no sekai
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.8
ページ数 429p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-375500-7
NCID BB09943478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想