大江戸快人怪人録 : 人物でたどる痛快江戸時代史

田澤拓也 著

江戸初期、己の頭脳と権勢欲のすべてを傾け、徳川政権二六〇年のマスタープランを構築した「黒衣の宰相」以心崇伝。一〇〇年後の元禄、豪商・石川屋の妻女おかちは、質素倹約を命じる五代将軍綱吉の行列を、贅美の限りを尽くして見物と洒落込む。さらに一〇〇年後の幕末には、江戸市中のありとあらゆる噂話をかき集め、ひとネタ九六文で売りさばき続けた男、藤岡屋由蔵の姿があった。教科書には登場しない、ひと癖もふた癖もある快人・怪人たちの生き様でたどる、もうひとつの江戸時代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「武」から「文」の時代へ
  • 第2章 「元禄」に咲いた大輪のあだ花
  • 第3章 享保の改革は不安の時代の始まり
  • 第4章 江戸の文化は爛熟へ
  • 第5章 鎖国の幕間から異国の風が
  • 第6章 明治維新を超えた江戸の職人魂

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大江戸快人怪人録 : 人物でたどる痛快江戸時代史
著作者等 田沢 拓也
田澤 拓也
書名ヨミ オオエド カイジン カイジンロク : ジンブツ デ タドル ツウカイ エド ジダイシ
シリーズ名 江戸検新書 143
小学館101新書 143
出版元 小学館
刊行年月 2012.8
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825143-8
NCID BB10247576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想