大江戸しあわせ指南 : 身の丈に合わせて生きる

石川英輔 著

日の出前に起き、日没までに仕事を終えれば照明要らず。狭い長屋暮らしゆえに持ち物は少ない。冷蔵庫はないから、旬の食材しか食べない。修理を重ねて使えなくなった日用品は回収され、再生された。屎尿も集められて畑の肥料になった。太陽エネルギーと、その恵みで育った天然素材を有効に活用し、徹底的なリサイクルが基本であった江戸の生活は、自然と自分に優しく、じつは「しあわせ」だったのではないか-江戸研究の碩学が「指南」する、生き方に役立つヒントが満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 暦-太陽が教えてくれた季節
  • 第2章 エネルギー-最大の動力源は水
  • 第3章 着る-無駄なく長く使う
  • 第4章 食べる-旬の食材と外食産業
  • 第5章 住む-上水道、トイレ完備の長屋暮らし
  • 第6章 日用品-使えなくなっても捨てずに回収
  • 第7章 社会-大工と刀鍛冶が人気職業
  • 第8章 流通と交通-馬力と人力を使い分ける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大江戸しあわせ指南 : 身の丈に合わせて生きる
著作者等 石川 英輔
書名ヨミ オオエド シアワセ シナン : ミ ノ タケ ニ アワセテ イキル
シリーズ名 小学館101新書 141
出版元 小学館
刊行年月 2012.8
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825141-4
NCID BB10022995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想