尖閣を獲りに来る中国海軍の実力 : 自衛隊はいかに立ち向かうか

川村純彦 著

2012年、中国は尖閣諸島を核心的利益と言い出し、軍幹部も「(尖閣に)軍が施設を作れ」と号令し、東京都の購入を睨み実力行使の可能性が出てきた。中国は潤沢な予算で空母や新鋭艦の開発、配備を進めている。日本は経済に次いで海軍力でも中国に凌駕されるのか?アメリカも領土問題では動きにくく当面日本独自で対処せざるを得ない。そこで、かつてソ連の潜水艦を封じ込めてきた元海将補(少将)の著者が、日中の海軍力を徹底分析し、起こりうる海戦の様相と自衛隊の戦い方を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 緊迫する尖閣諸島海域
  • 第1章 増強著しい中国海軍
  • 第2章 中国海軍の狙い
  • 第3章 中国の「南シナ海聖域化」戦略
  • 第4章 海上自衛隊の実力
  • 第5章 中国海軍と海上自衛隊の真の実力
  • 第6章 中国との有事にどう対処すべきか
  • 第7章 日中尖閣沖海戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尖閣を獲りに来る中国海軍の実力 : 自衛隊はいかに立ち向かうか
著作者等 川村 純彦
書名ヨミ センカク オ トリ ニ クル チュウゴク カイグン ノ ジツリョク : ジエイタイ ワ イカニ タチムカウカ
書名別名 Senkaku o tori ni kuru chugoku kaigun no jitsuryoku
シリーズ名 小学館101新書 139
出版元 小学館
刊行年月 2012.8
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825139-1
NCID BB10307259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想