ミルタザピンのすべて

小山司, 樋口輝彦 編集

[目次]

  • 1 わが国におけるうつ病の現状と抗うつ薬の役割
  • 2 うつ病の病態生理とミルタザピンの臨床薬理
  • 3 ミルタザピンによるうつ病の治療ストラテジー
  • 4 ミルタザピンによる不安障害へのアプローチ
  • 5 ミルタザピンによる個別的治療の実際
  • 6 ミルタザピンの安全性からみた臨床応用
  • 7 うつ病治療の今後とミルタザピンの役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミルタザピンのすべて
著作者等 小山 司
樋口 輝彦
書名ヨミ ミルタザピン ノ スベテ
書名別名 Mirutazapin no subete
出版元 先端医学社
刊行年月 2012.8
ページ数 202p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88407-783-9
NCID BB10041923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想