もう一つの古典知 : 前近代日本の知の可能性

前田 雅之【編】

かつての日本では「古典」に対する「知」を紐帯とする文化圏が公家・寺家・武家を中心に形成されていた。それらは、漢詩文・和歌の詠作やそれにともなう本文研究・註釈といった学的営為の中で連綿と継承されていった。しかし、そのような「正統」とされる「知」が形作られる一方で、新たな文化圏を形成する知の蠢動があった-これらの「もう一つの古典知」が、中世・近世社会をどれだけ豊穣にしていったのか、さらに、近代日本にどのような影を投げかけたのか。多面的な「知」の諸相やダイナミックに変容する「知」のありようを照射することで、豊穣なる日本の知の動態を捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序言 もう一つの古典知への誘い
  • 中世日本と複数の公共圏
  • 日羅渡米説話からみた聖徳太子伝の「古典知」
  • 「師子」と幸若舞曲-『元徳二年三月日吉社并叡山行幸記』を始点として
  • 楊貴妃の双六-幸若「和田酒盛」の世界
  • 褻の和歌と「俳諧」-『再昌草』の贈答歌を読む
  • 鷹書における恋と女の秘伝-『女郎花物語』を端緒として
  • ゴシップの公共圏
  • 元和版『下学集』と『太平記鈔』-近世極初期辞書の増補資料の一端と「もう一つの古典知」同士の交叉をめぐって
  • 「太平記」を纏う物語の展開-実録『慶安太平記』を軸として
  • 異国戦争を描く歴史叙述形成の一齣-"薩琉軍記"の成立と享受をめぐって
  • 江戸時代の西本願寺と出版
  • 雑纂という形式-近世真宗における絵解き本と図会物
  • 紀州藩蔵書形成の一側面-伴信友と長沢伴雄
  • 古典知としての近世観相学-この不思議なる身体の解釈学
  • 幕末明治のかわら版と公共性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もう一つの古典知 : 前近代日本の知の可能性
著作者等 前田 雅之
書名ヨミ モウヒトツノコテンチ : ゼンキンダイニホンノチノカノウセイ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2012.7.31
ページ数 255p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22621-5
NCID BB09884663
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想