現代民俗誌の地平  3

岩本 通弥【編】

[目次]

  • 総論 方法としての記憶-民俗学におけるその位相と可能性
  • 1部 記憶と記念(阪神・淡路大震災と慰霊-「震災モニュメント」以前
  • 記憶の暴力-新潟県佐渡の戦歿者祭祀と御霊化過程
  • 記憶から声へ-共同作業としての民俗誌の可能性)
  • 2部 身体の記憶(風景に刻み込まれた記憶と短歌-山村と林業の近現代
  • 身体化する規範-近代の禁煙・禁酒と未成年
  • 都市祭礼・小倉祇園太鼓をめぐる語り-獲得される「場所性」
  • トポグラフィティの民族誌-京都のトポグラフィティについて私が考えている二,三のことがら)
  • 3部 記憶と郷愁(観光客にとっての祭礼、地域にとっての祭礼-沖縄竹富島の種子取祭から
  • 世界遺産「白川郷」の「記憶」
  • 記憶とフォークロリスムス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代民俗誌の地平
著作者等 岩本 通弥
書名ヨミ ゲンダイ ミンゾクシ ノ チヘイ
書名別名 記憶

Gendai minzokushi no chihei
巻冊次 3
出版元 朝倉書店
刊行年月 2012.8
版表示 普及版.
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-254-50533-7
NCID BB10689552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想