現代カトリシズムの公共性

岩本潤一 訳著

本書は新しい宗教的潮流であるニューエイジやヒト胚の生命倫理、同性愛の法的問題や平和論など私たちの社会が直面する課題を選び、学界をはじめ広く社会に紹介することを意図した。ヴァチカンから発信される提言を偏見なく検討することにより、われわれの社会にとって豊かな智慧と示唆が見出せよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命倫理と教育-人クローン胚作成の是非をめぐって
  • 第2章 ES細胞とiPS細胞-現状と展望
  • 第3章 植物状態の患者に対する水分・栄養補給をめぐって
  • 第4章 同性愛とカトリック教会-同性結合と、同性愛の傾向をもつ人の神学校への受け入れをめぐって
  • 第5章 ニューエイジとカトリック教会
  • 第6章 裁判員制度とカトリック教会
  • 第7章 カトリック教会の平和論
  • 第8章 ヨハネ・パウロ2世の生涯と著作
  • 第9章 ベネディクト16世の教皇職

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代カトリシズムの公共性
著作者等 岩本 潤一
書名ヨミ ゲンダイ カトリシズム ノ コウキョウセイ
出版元 知泉書館
刊行年月 2012.8
ページ数 222p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-136-9
NCID BB10085088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22165146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想