読むだけですっきりわかる世界史  現代編 (オスマン帝国の終焉からポツダム宣言まで)

後藤武士 著

ついに世界史の表舞台に立つ日本。日清・日露戦争を経て有色人種唯一の国際連盟常任理事国へと大躍進。しかし、いつしか身の丈にあった外交を忘れ暴走する。一方、宗教に代わりイデオロギーと経済、そして民族主義で動かされるようになった世界。持てると持たざる国の世界戦争が幕を開ける。激動の時代を一気読み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代前夜のアジア諸国と日本
  • 第2章 帝国主義の時代
  • 第3章 日露戦争と苦悩する清
  • 第4章 第一次世界大戦とロシア革命
  • 第5章 第一次大戦後の世界
  • 第6章 世界恐慌とファシズム
  • 第7章 第二次世界大戦とポツダム宣言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読むだけですっきりわかる世界史
著作者等 後藤 武士
書名ヨミ ヨム ダケ デ スッキリ ワカル セカイシ
書名別名 Yomu dake de sukkiri wakaru sekaishi
シリーズ名 宝島SUGOI文庫 Dこ-2-12
巻冊次 現代編 (オスマン帝国の終焉からポツダム宣言まで)
出版元 宝島社
刊行年月 2012.8
ページ数 285p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7966-7881-0
NCID BB10824002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想