ぶらり日本史散策

半藤一利 著

開戦直後に山本五十六が恋人に出した手紙、振袖火事とファッションの関係、そして、昭和史研究の大家・半藤さんがアメリカで見た「この世をオサラバするまで永遠に」忘れられない一枚の賞状とは。肩の力を抜いて、日本史の庭を楽しく遊びまわって集め考えた59の歴史風景は、知的な驚きとユーモア、時に深い哀切に満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 昭和史巷談(隅田川の橋と軍縮会議
  • 7割海軍の亡霊
  • 「昭和維新の歌」をめぐって
  • チンは重心を失えり
  • 立ちション裁判ばなし ほか)
  • 第2部 日本史閑談(日本の縁起めでたい「八」
  • 孤独なる川屋のほとり
  • 温泉・聖徳太子の時代から
  • 大海人軍に伊勢の「神風」
  • 紫式部さんの名言から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぶらり日本史散策
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ ブラリ ニホンシ サンサク
書名別名 Burari nihonshi sansaku
シリーズ名 文春文庫 は8-20
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.8
ページ数 270p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-748320-3
NCID BB09954463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想