東京の川と水路を歩く

メディアユニオン 編

下町から山の手、武蔵野、奥多摩へ、楽しさにあふれる川巡りガイド。歴史エピソード観光ポイント満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東の川下町の川(江戸川・旧江戸川-東京の東端、千葉県との境をなす
  • 中川・新中川、綾瀬川-江戸川と荒川にはさまれた3つの川
  • 荒川-広い川幅で流れる東京の大河
  • 江戸をしのぶ"墨東"の運河
  • 隅田川"東京の川"のシンボル的存在
  • 隅田川 橋ものがたり)
  • 山の手の川武蔵野の川(石神井川-まちに溶け込む都市型河川
  • 神田川-武蔵野から都心へ、湧水を運ぶ川
  • 日本橋川-日本橋が架かる都心の流れ
  • 明正寺川
  • 善福寺川-流れのそばで人々が憩う杉並区の川
  • 野川-岸辺の自然が魅力の市街地を行く流れ)
  • 西の川 山地・丘陵発、新しい都市の川(多摩川-大いなる存在感で流れる東京最長の川
  • 鶴見川-多摩丘陵に源を発する東京生まれの川)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京の川と水路を歩く
著作者等 メディアユニオン
書名ヨミ トウキョウ ノ カワ ト スイロ オ アルク
出版元 実業之日本社
有楽出版社
刊行年月 2012.8
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-408-59365-4
NCID BB10424263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想