昭和史、二つの日 : 語り継ぐ十二月八日と八月十五日

保阪正康 著

昭和史の大家が語りおろす、取材秘話と新視点たっぷりの肩のこらない歴史講義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 十二月八日を語り継ぐ-宣戦の詔書(歴史になっていく十二月八日
  • 「開戦の責任」と十二月八日
  • 「日米の記憶」と十二月八日
  • 臣民と市民の十二月八日
  • 十二月八日と「ヒロシマ」)
  • 第2部 八月十五日を語り継ぐ-終戦の詔書(八月十五日と日本人の「涙」
  • 東京オリンピックまでの八月十五日
  • 高度成長時代の八月十五日
  • 八月十五日と靖国、昭和天皇
  • 平成時代の八月十五日)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和史、二つの日 : 語り継ぐ十二月八日と八月十五日
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ ショウワシ フタツ ノ ヒ : カタリツグ ジュウニガツ ヨウカ ト ハチガツ ジュウゴニチ
出版元 山川出版社
刊行年月 2012.7
ページ数 381p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-15025-6
NCID BB09863211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想