シリーズ生命倫理学  19

シリーズ生命倫理学編集委員会 編

W.オスラー博士の「平静の心」に代表されるヒポクラテスの誓詞の道徳的立場に基礎を置いた伝統的な医の倫理は、日本では1990年代に入ってから陰を潜め、生命倫理学を重視する傾向が一気に強まっている。現在では、患者中心の医療を病院の基本理念に掲げることが、第三者医療評価機関から認定されるための必須条件となっている状況下にある。一方で、こうした患者中心の医療倫理への行き過ぎに警鐘を鳴らすかのように、最近になって医療専門職のプロフェッショナリズムとしての倫理教育の重要性を再評価しようとする動きもある。本巻は、こうした現在の状況を踏まえながら、12章にわたる構成を企画した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医療倫理教育の歴史的意義と課題-その源流、展開、現在
  • 医療倫理教育における哲学的・倫理学的基礎-価値の在りかとしての「現場」の意義
  • 医療倫理教育のさまざまなアプローチ
  • 臨床倫理学の教育方法と実際-ケーススタディ中心型授業の手法
  • 模擬患者(SP)の参加による医療者教育-SP養成の実践例とカリキュラムを中心に
  • 患者および一般市民のための生命倫理教育-パッケージ化された「生と死の物語」の構造を読み解く
  • 医学教育における医療倫理-特にプロフェッショナリズム教育について
  • 歯学教育における医療倫理-歯学教育モデル・コア・カリキュラムを中心に
  • 薬学教育における医療倫理-自覚的薬剤師養成のための医療倫理教育
  • 看護教育における医療倫理-「ケアの倫理」に焦点をあてて
  • 介護福祉教育における「終末期介護」教育の意義と課題-「尊厳と倫理」へのアプローチ
  • 卒後臨床教育の現状と今後の展望-世界的動向を踏まえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリーズ生命倫理学
著作者等 伴 信太郎
藤野 昭宏
シリーズ生命倫理学編集委員会
書名ヨミ シリーズ セイメイ リンリガク
書名別名 医療倫理教育

Shirizu seimei rinrigaku
巻冊次 19
出版元 丸善
刊行年月 2012.7
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-621-08496-0
NCID BB09839170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
医療倫理教育 伴信太郎, 藤野昭宏
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想