天命の扉 = DOOR OF DESTINY

遠藤武文 著

長野県議会中、議員が何者かに殺害された。議場は扉が閉まったままで誰も逃げた形跡がない。残された紙片には「善光寺を開帳せよ」という謎のメッセージ。善光寺の本尊は、数百年の間、誰の目にも触れたことがなく、住職でさえも見たことがないという。犯人の目的は一体何なのか。県警捜査一課・城取は、かつて自分が担当した事件の犯人も善光寺を語っていたことを思い出し、その関連性を疑うが…。やがて明らかになる19年前の冤罪疑惑事件とのつながり。哀しみを背負った刑事の執念が、顔の見えない犯人を追い詰めていく。話題作『プリズン・トリック』の乱歩賞作家が贈る、渾身の社会派密室ミステリ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天命の扉 = DOOR OF DESTINY
著作者等 遠藤 武文
書名ヨミ テンメイ ノ トビラ
書名別名 DOOR OF DESTINY
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.7
ページ数 367p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-110255-8
NCID BB10473167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想