ヒロシマの復興を支えた建築家たち

李明 著 ; 石丸紀興 監修

1945年8月6日その日ヒロシマは壊滅した-無のなかから、建築家たちはいかに再生を目指したのか。戦後の日本そのものが辿った語り尽くせない足跡を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 被爆直後広島の復興建築と建築家
  • 第2章 地元設計事務所の誕生-暁設計事務所
  • 第3章 建築家大旗正二
  • 第4章 建築家河内義就
  • 第5章 広島の戦災復興都市計画と丹下健三
  • 第6章 原爆傷害調査委員会(ABCC)米国人独身寮の建築と前川国男
  • 第7章 広島平和記念聖堂のコンペと建築家
  • 第8章 昭和二九年日本におけるワルター・グロピウスの一連の演説
  • 資料編 戦災復興と市民生活-ヤミ市の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒロシマの復興を支えた建築家たち
著作者等 李 明
石丸 紀興
書名ヨミ ヒロシマ ノ フッコウ オ ササエタ ケンチクカタチ
書名別名 Hiroshima no fukko o sasaeta kenchikukatachi
出版元 宮帯出版社
刊行年月 2012.8
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86366-854-6
NCID BB10148053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想