日本の仏教と文学 : 白土わか講義集

白土わか 著 ; 加治洋一 校註

伝来し学んだ仏教が、芸術の理念へ、そして民衆の信仰へ、日本人の情操によって独自な形を成していく-その跡を数多の文学作品の中に追う、文化基層から見る日本仏教論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経典と日本文学(「法華経」と日本文学
  • 「涅槃経」と日本文学
  • 「阿弥陀経」と日本文学
  • 仏典に現れた女性達)
  • 2 日本文学に見る仏教思想(止観-仏道と芸道を支えるもの
  • 独覚-飛華落葉を観じてさとるもの
  • 諸法実相
  • 狂言綺語と煩悩即菩提
  • 謡曲の中の仏教思想
  • 「出家作法」に見る日本的なもの
  • 「往生要集」とその時代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の仏教と文学 : 白土わか講義集
著作者等 加治 洋一
白土 わか
書名ヨミ ニホン ノ ブッキョウ ト ブンガク : シラト ワカ コウギシュウ
出版元 大蔵
刊行年月 2012.8
ページ数 487p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8043-3074-7
NCID BB0989760X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想